東京で40歳台男の一人暮らし LOHACO が便利です。

段ボールのLOHACOロゴ 生活

はじめに

東京で家族に先行して一人で暮らし始めました。

LAHACO を使ってみました。

東京一人暮らしの買い物が大変

地方で暮らしている時には、日常の買い出しは「自動車」を使えばよかったのですが、今やそういうわけにはいきません。

当初は近所のドラッグストアやコンビニで済ませていましたが、だんだん大変になってきました。

  • 重たい物;お茶やミネラルウォーターのペットボトル、コピー用紙、レトルト食品、パックのごはん、洗剤類等
  • かさばる物;トイレットペーパー、ティッシュペーパー、インスタント食品等

これを購入して歩いて運ぶのはかなり面倒です。

LOHACO とは

LOHACOはアスクル株式会社がヤフー株式会社の協力により運営する一般消費者向けの通販・ネットショッピングサイトです。

アスクルは、前の会社にいたときに各種事務用品のみならず、お茶とかペットボトルとかも購入していたのでなんとなくなじみがありました。

法人がおもな対象のアスクルにたいして、LOHACOは個人向けということになります。

なので、オフィスサプライ関係はもちろん得意なのですが、

調べてみると、

  • 無印良品
  • iRobotや、Dysonの製品
  • 成城石井
  • ハーゲンダッツのカップアイス詰め合わせ
  • お酒、薬
  • フルーツ

といったあまり法人向けっぽくない意外な商品も扱っていました。

LOHACOでの注文の仕方

配送センターの被災の影響で、しばらくYahoo IDを持っていない人からの注文が制限されていたようですが、現在は問題なく注文可能です。

特に他のショッピングサイトと比較して特に難しいことはなく、欲しい商品を検索・選択しては、「買い物かごに入れる」ボタンを押していきます。

↑;伊藤園のお茶です。2L×6本=12Kg これは配達してもらうとありがたいです。

LOHACO 注文者情報

↑;届け先・注文者情報を入力。

LOHACO 配達時間選択

↑;6月1日の22時ごろに注文しました。

翌日夕方から24時まで、翌々日の早朝等、普通の宅配では選択できないような時間を選択できます。 このサービスはHappy on timeと言って今のところ東京・大阪の一部地区のみで受付しています。(ただし、Yahoo ID経由での注文が必要)

当日朝10時までに注文すれば、当日夕方以降の指定も可能とのこと。

LOHACO 注文一覧

↑;今回の注文はこんな感じです。おそらく、自分で運ぶのは無理です。

LOHACO注文完了

後は、届くのを待つだけです。

LOHACOから荷物が届きました。

翌日、指定日時のとおりに荷物が届きました。2箱に分かれて届きました。

LOHACO 2箱に分かれて配送

↑;右は2L×6本のお茶の箱。左は他の品がまとめて入っています。今回の箱は50×35×35cm程度の段ボール箱です。

LOHACO外箱 テープなし

↑;テープ不使用とあります。ミシン目に沿って引っ張ると簡単に開封できます。

LOHACO 中身

↑;食品、洗剤が上に。ペーパー類は下の方に入っています。

LOHACO 商品取り出し 梱包材

↑;詰め替え用洗剤とカップ麺は梱包材・緩衝材(プチプチ)包まれる。

梱包の段ボールは次回の配送時に回収もしてくれるそうです。環境にも配慮しています。

 

まとめ

LOHACOは、都会で一人暮らしをする者にとって、便利でありがたいですね。

重たいものや、かさばる物を細かく時間指定して配達してもらうことが出来ます。

東京・大阪のサービス実施区域に住んでいるならば、例えば

  • 朝7時~8時
  • 夜23時~24時

等という時間帯の指定も可能です。(Happy on time)

一度注文したものは、お気に入り登録できますので、毎度定期的に注文する日用品の再注文も簡単です。

一人暮らしの間はもちろん、家族と住まうことになってもマンション暮らしになるならばこの手の宅配サービスは手放せないかもしれません。

関連コンテンツ
生活
スポンサーリンク
Owner 40をフォローする
40歳過ぎからの東京暮らし