モバイルWifiルーター(WiMAX)を入手しました。

W04 本体全体図 モノ

はじめに

地方に家族を置いて、東京に先行して単身赴任中です。

現在居住しているワンルームには、ケーブルTVの配線が各部屋まで来ています。これを使って、固定回線を開設することもできます。固定回線ならば使い放題ですし、速度も安定します。

しかし、いずれ再度引っ越すことが確定している自分としては、それに踏み切ることが出来ずにいました。

しばらくは、スマホからのテザリングでしのいでいましたが、クラウドのファイルを手元のHDDにバックアップする場合など(その逆もしかり)には、容量制限にすぐに引っかかってしまいます。

そこで、以前から興味があった モバイルWifiルーター を購入してみることにしました。

モバイルWifiルーター;WiMAXを選びました。

以下に示すように、本当に多くの会社があって、全てを比較検討するとキリがないというのが印象です。

通信回線や方式と提供会社

これは、技術的すぎてややこしくて理解するのに一苦労でした。(というか、やっぱり分かりません。)

  • WiMAX回線…2.5GHz…UQ communicationsが回線を所有。多くの会社がMVNOとして回線を使用している。
  • AXGP回線…2.5GHz…もともとはウィルコム等のPHSの通信方式だった。Softbank傘下Wireless City Planning社が回線を所有。やはり複数の会社がMVNOとして回線を使用。
  • LTE回線…800MHz前後…大手携帯会社がそれぞれ所有。同じくMVNOとして多くの会社が回線を使っている。

回線を所有する会社(MNO;移動通信事業者)と、それを借りて使用者に提供する会社(MVNO;仮想移動体通信事業者)が混在するためそれだけでものすごく混乱します。

さらに、それぞれの回線と提供会社が1対1で対応していれば理解しやすいのですが、例えばUQ-WiMAXでもau-LTE回線を用いたハイスピードプラスモードなるものが存在したりしますので、話は単純ではないようです。

各MVNOが、複数のMNOから回線を借りたりしているのでもうお手上げです。

詳細は各事業体の公式サイトをご覧ください。すみません。

モバイルルーターの勢力をものすごくざっくり分けると

①「WiMAX」組

② Y! mobileやYahoo wifi等の「Pocket wifi」組

③ Docomoがやっているモバイル通信

(Softbankは②のPocket wifi、 auは①のWiMAXを使っています。

④ その他

って感じでしょうか。

抱き合わせ的にSoftbankユーザーは②をauユーザーは①を選ぶと割引が得られる仕組みもあるようです。

で、結局はWiMAXに。

WiMAXなら多様なサービス、多彩な製品から、ご契約も自由に選択!

WiMAXには、UQコミュニケーションズが提供しているサービスや製品以外にも、サービス事業者(MVNO)※1が提供している様々なサービスや製品があります。

「店頭で実際に製品を見てから申し込みたい」、「今使っているプロバイダから申し込みたい」、「この会社の製品が気に入った」など、お客様のご希望にあったサービス事業者をお選びいただけるのもWiMAXの大きな魅力の一つです。

上記は「UQ-WiMAX」の公式サイトからの引用です。

WiMAXはUQ-WiMAXが本家本元で親分みたいなものですが、UQ-WiMAXの回線を借りて多くの業者(MVNO)がプランを提供しています。(家電量販店だったり、インターネットサービスプロバイダーだったり)

なので、「○○WiMAX」という場合は、同じ設備・インフラを使っているということになり、理論上は提供会社間で通信速度等に差があるわけではないようです。

ですので、差別化はもっぱら「料金」(初期費用、月額使用料、解約費用、キャッシュバック)と「サポート」で考えることになります。

公式サイトに記載されているものだけでも、現在WiMAX2+を提供している会社は、 18社 にもなるようです。

WiMAX2+の特徴は、

  • 2.5GHz帯の電波;若干屋内や地下に電波が通りにくい。
  • エリア;携帯3社のLTE網に比較すると狭いが、都市部にいる分には問題なさそう。
  • ギガ放題プラン;10GB/3日以上使用した場合にの速度制限はあるものの、基本的には無制限で使用可能。もし速度制限を食らってっも1Mbps程度の緩い通信制限かつ時間帯も限定されているため、「速度制限のせいでまったく役に立たない。」ということにはなりにくい。
  • 様々なサイトで「一押し」とされていることが多い。

WiMAX ネットでオーダー そして、届きました。

さて、WiMAXを扱っている会社も前述のように個人向けの会社だけでも十数社以上存在します。

「どの会社(MVNOあるいはMNO)を選ぶべきか」については、他のサイトで、とても詳しく解説したページが多数あります。それらを参照にするのが良いと思われます。

「モバイルWifiルーター」「比較」「おすすめ」あたりで検索すると大量にヒットしてきます。

2年しばりの契約で、2年トータルの金額を出して丁寧に比較してくれているサイトもありましたので、そういうところを参考にするとよいと思います。

いろいろ見て思った自分なりの印象ですが、

★デジタルデバイスに詳しくないなら、メジャーなところが無難。サポート等は安心だし、変な「トリック」的な料金設定をしていないので正直な印象。

★キャッシュバック等のキャンペーンはうまく使えばお得にできるが、キャッシュバックの時期(契約からかなり経過した時期であったり、キャッシュバック可能期間が短かったり)や手続きが煩雑。忘れてしまっては元も子もない。

★一見安い月額使用料も、安いのは最初の数か月だけというパターンはかなり多い。

★各種オプションに入らないと割引が適応されないこともある。

で、自分はどこを申し込んだかというと、某 WiMAXにしました。

なぜならば、単に「最短翌日発送」の文言に惹かれたからです。

・・・ところが、サイトで注文・契約した後になって、一部ネット上の評判が良くないことを知りました・・・ガーン・・・。

人柱的な投稿だと思ってお付き合いください。

Speed wifi next W04 商品の到着

まず、「最短で翌日発送

と謳っている会社は多数ありますが、翌日にはやってきませんでした。(笑)

たしかに「最短で」なのでウソは言っていません。(笑)

木曜日にネットでオーダー。到着したのは翌週の金曜日でした。まあ、2-3週間かかる会社もあると聞いていたのでそれよりは早かったということでしょうか。

Speed wifi next W04 外箱と内容物

↑;一回り大きいダンボボールに、本体の外箱とSIMカード、さらに契約関連の書類等が入っていました。USBケーブルは、片方はType-A、片方がType-Cのケーブルです。SIMカードには「au」の文字。ちなみにW04は中国Hauwei社製です。

W04にSIMカードを挿入

↑;SIMカードの金属端子に触れないように気を付けながらカードから取り外して、方向に気を付けつつ本体に挿入します。

W04 USB端子はTypeC

↑;Speed wifi next W04の本体側のUSB端子はType Cでした。

W04 取扱説明書と本体

↑;取扱説明書は、冊子タイプではなく、このような折り畳みのタイプでした。

W04 十円玉との比較

↑;大きさの参考のために十円玉並べてみました。

以上、到着から電源Onまで特に問題なしでした。

接続 Wifi接続は簡単。 てこずったのがUSB接続。

手持ちのノートPCやスマホとの、Wifi接続は簡単でした。

いままで、無線LANやスマホでのテザリング設定をしたことがある方なら簡単だと思います。

WPSでのワンタッチ接続も可能ですし、従来通り「SSID」と「パスワード」の入力でもあっさり接続終了でした。

ただし、むしろ分かりにくかったのはUSB接続です。USBでPCと物理的につなぐだけでは無理で、Speed Wi-Fi Next setting tool というソフトをインストールする必要があるのですが、なかなか見つかりにくい。公式HPでダウンロードするといったものではなかったのです。

PCに接続した際に外部ドライブとして認識されたW04内にアプリケーションが格納されていました。

一旦、インストールさえしてしまえば、後はつなぐだけで問題なくインターネットが可能です。

WiMAX2+ W04のスピード(ハイスピードモード)

WiMAX2+(USB接続)と 自分のスマホ(Docomo, Android)でのテザリング(USB接続)も測定してみました。それぞれ下りを5回測定してみて平均してみました。

BNR スピードテスト http://www.musen-lan.com/speed/

日曜日21時、5階、鉄筋コンクリの部屋

  • WiMAX2+ USB接続;6.815Mbps
  • スマホテザリングUSB接続;10.5Mbps

平日9時、1階、鉄筋コンクリの部屋

  • WiMAX2+ USB接続;5.108Mbps
  • スマホテザリングUSB接続;3.014Mbps

BB.Excite スピードテスト http://speedtest.excite.co.jp/

日曜日21時、5階、鉄筋コンクリの部屋

  • WiMAX2+ USB接続;39.632Mbps
  • スマホテザリングUSB接続;41.564Mbps

平日9時、1階、鉄筋コンクリの部屋

  • WiMAX2+ USB接続;36.154Mbps
  • スマホテザリングUSB接続;31.434Mbps

測定したサイトによって、スピードの差がかなりあるので絶対値にどの程度の意義があるのかは不明ですが、WiMAX2+とスマホテザリングではほとんど差はなさそうです。

今後も機会があれば場所・時間帯を変えて測定してみたいと思います。

追記;新幹線内での速度測定 2017年6月

WiMAX vs. Docomo Xi を新幹線内でも測定してみました。PCとの接続はWifiです。

結論は、「大差なし」でした。

トンネルの多い神奈川県内は測定できませんでした。動画視聴はしませんでしたが、Web browsingをする分に関しては、問題なくできました。

東海道新幹線 WiMAX vs Docomo Xi

 

 

まとめ

今回、某WiMAXのモバイルWifiルーターを購入しました。

速度は想定の範疇で満足していますし、送付された個体も今のところは初期不良もなさそうです。とりあえず機能面は満足なのでどうせ買ったからには使い倒そうと思っています。

ある程度モバイルWifiルーターやPC、インターネットについて知識のある方ならば、様々な選択肢から自分に合った会社をチョイスできると思います。

しかし、WiMAXを提供する会社は本当に沢山あります。会社によってはメリットの訴求の仕方もトリッキーな面があるのは否定しがたいと思います。

急いでいないならば、慎重に選択されることをお勧めします

一方で、WiMAXを名乗っている以上、その仕組み・回線は共通であり理論上MVNO間のスピード差・性能差はないと考えられます。また、各社扱っている端末もあまり差がありません。そうであるならばより安い料金体系を選ぶという考え方もありですし、信頼感やサポートを重視して選ぶのもありだと思います。

比較的メジャーなWiMAXを取り扱う会社の紹介;おまけ

  • WiMAXの元締め;UQ communicationsのUQ-WiMAX

UQ communicationsのUQ-WiMAXhttp://www.uqwimax.jp/

  • 有名ISP;So-netのWiMAX

  • 老舗ISP;BIGLOBEのWiMAX


  • キャッシュバック額は大きいです;GMOとくとくBB


  • 老舗のISPです。NiftyのWiMAX