ip20 目白ショールーム に行ってきました。

生活

はじめに

新居(マンション)での家具を検討しています。地方の戸建てからの引っ越しなので収納が足りません。

そこで、壁面を有効に使えるシステム収納家具も選択肢の一つと考えています。家具店やショールーム巡りをしています。

今回、システム収納家具の ip20目白ショールーム に行ってきました。

・よろしければこちらも

「インテリアショップ・家具店等 ショールーム巡り まとめーIndex」(記事はこちら

ip20

ip20は、ドイツ生まれのシステムオーダー家具です。公式サイトによると、パネル材や金具などはドイツやオーストリア・スイス製だそうです。

で、東京足立区の工場で生産・組み立てを行っているとのこと。

住友シスコンのインテリアアベニューにもip20の展示がありました。(住友シスコンインテリアベニューに関する記事はこちら

ショールームは目白にあります。

↑;以前、目白庭園を散策した際に目の前を通ったのですが、まったく気が付きませんでした・・・。JR目白駅から徒歩1分位の好立地です。

池袋・新宿という大ターミナルに挟まれているのにもかかわらず、高層なビルが少ないせいか、閑静な落ち着いた雰囲気の街です。

参照;ip20公式サイト

 

ip20 目白ショールーム

目白駅すぐ、かつ目白通りに面したビルに大きな看板がでていましたので、すぐに分かります。が、入口は裏側に一本入ったところにありました。

ip20 目白ショールーム 入口看板

 

ip20 目白ショールーム ビル5F
↑;ビルの5Fです。

予約なしで訪問しました。

休日で相談・コンサルティング中の他のお客さんも数組いらっしゃいましたが、忙しいなか丁寧に商品説明をしていただきました。

ip20 目白ショールーム 縦型収納ベッド
↑;縦型の収納式のベッド。重そうに見えますが、軽く片手で持ちあげられます。 子供はこういうの好きだと思います。スペースも広く使えます。

横型の収納ベッドの展示されていました。

ip20 目白ショールーム 収納
↑;ショールームは決して広くはないのですが、様々な工夫が凝らされた収納を実際に触れながら説明してもらえました。

 

ip20 目白ショールーム 猫柱
↑;さて、これは何か分かりますか? 猫型の時計だったり、ネズミのおもちゃが置いてあります。棚板には、なぜか大きな穴が・・・。

正解は、猫用「キャットタワー」です。

ip20 目白ショールーム ケージと餌の皿
↑;その下をみると、ケージと餌のお皿が・・・。

ip20 目白ショールーム 鏡台とメイクスペース
↑;扉を開けると、ミラーとイス。化粧台ですね。

ip20 目白ショールーム 上に開く扉
↑;引き出しや普通の観音開きの扉以外にも、こんな感じの跳ね上げるような扉も選択できるとのこと。

ip20 目白ショールーム 角を使ったデスクと収納
↑;コーナーを活かすデスクとその上の収納。子供向けや書斎スペース向けに。子供の頃、こんな部屋があったら楽しかっただろうなと思います。

最後にキッチンエリアに。

ip20 目白ショールーム キッチンカップボード閉
↑;キッチンのカップボード。家電類が収納されているのですが、扉が閉まっているとすっきりしています。

ip20 目白ショールーム キッチンカップボード開
↑;扉を開けるとこんな感じ。上下に扉が開いて、棚はスライドも可能。機能的です。

ip20 目白ショールーム キッチン収納 様々なスライド収納のオプション
↑;キッチンシンク下・カウンター下の収納部。スライドする棚のオプションもいろいろ。

ip20 目白ショールーム キッチンシンク下 ダストボックス
↑;同じくシンク下。ステンレス製のダストボックスもスライドしてきます。このシステムもドイツ製とか。余計な飾り気はなく硬質な印象です。

ip20 目白ショールーム パネル色サンプル
↑;展示は基本白一色でしたが、基本的な木目のカラーは一通りそろっています。

最後にパンフレットを頂き帰路につきました。

まとめ

システムオーダー家具 ip20 の目白ショールームに行ってきました。

正直、そんなに広くないショールームでしたが、工夫が凝らされた様々な仕組みやオオッと声が出るギミックが凝縮されて展示してありました。

それらを直接触れて、体験出来て非常に有意義でした。

毎度のことですが、ショールーム巡りは様々なインスピレーションを得られます。食わず嫌いにならないように、出来る限り沢山のショールームを見て回りたいものです。なんといっても楽しいですしね。

休日の忙しいところ、丁寧に説明していただいたスタッフの方には頭が下がります。ありがとうございました。