東京探索 神田川の源流 井の頭公園

井の頭恩賜公園 案内板 エリア・スポット

はじめに

以前の東京での水害・洪水のリスクを調べる過程で、
都内の河川の源流が意外なところにあることを知りました。
今回、神田川の源流である井の頭公園に散策に行ってきました。

井の頭公園へ

渋谷駅から京王電鉄 井の頭線にて「井の頭公園駅」を下車。電車内は休日の午後でしたので混雑することもなく到着。

駅の出口と公園の入り口はほぼ直結です。

京王電鉄井の頭線井の頭公園駅内井の頭公園駅近くの出入り口

入り口入ってすぐに、右手には小川が流れています。神田川のようです。

井の頭恩賜公園 案内板

井の頭公園は「井の頭恩賜公園」が正式名称。
「恩賜」とは、「天皇・主君から賜ること」とのこと。
戦前に天皇(宮内庁)が持っていた公園や庭園のいくつかが恩賜(下賜)されたものとのことです。
井の頭公園は「御料林」であったものが下賜されたものです。
都内に多く、公園としては井の頭公園の他に、動物園で有名な「上野恩賜公園」や「猿江恩賜公園」「有栖川宮記念公園」があります。(箱根にも)

少し歩くと、目的の神田川源流にはあっさり到着。

井の頭公園内一級河川神田川の石碑

↑;一級河川 神田川の石碑が。

神田川の源流の看板

↑;神田川は最終的には隅田川に注ぐと書いてあります。

神田川源流付近

↑;神田川源流から下流側を眺めます。

「神田川の源流を求める旅」はあっさり終了・・・。公園内を散策します。

井の頭公園内 道標

↑;何も考えずにやってきましたが、公園内には自然文化園とかかの有名な「ジブリ美術館」もあると気づきました。(もっとリサーチしてから来ればよかった・・。)

井の頭公園内 多数のボート

↑;大量のボートが水面上に。確か「カップルで乗ると別れをもたらす。」というジンクスのボートだったような。
家族連れが多かったようですが、若いカップルもチラホラ。(すでに昭和のジンクス??なのか)

井の頭公園ボート乗り場

↑;ボート乗り場。少し惹かれましたが、さすがにOver40男の一人漕ぎは痛々しすぎるかと思い断念。

井の頭自然文化園

↑;自然文化園(有料)。本日は時間の関係で断念。

井の頭公園内水鳥

↑;池には何種類かの水鳥が。

井の頭公園 水質改善の看板

↑;2017年で、この公園はなんとちょうど100周年。当時は非常に透明なきれいな水質の池だったそうです。明治ごろまではここから都内の飲料水が供給されていたとか。

以下HPから引用

・・・公園の中心である「井の頭池」の命名者は、三代将軍徳川家光であると伝えられ、その意味は「上水道の水源」「このうえなくうまい水を出す井戸」という二つの説があります。「井の頭池」は初めて江戸にひかれた水道、神田上水の源であり、明治31年に改良水道ができるまで、人々の飲み水として使われていました。園内は、井の頭池とその周辺、雑木林と自然文化園のある御殿山、そして運動施設のある西園と、西園の南東にある第二公園の4区域に分かれています。井の頭池周辺は低地、御殿山周辺は高台になっており、変化に富んだ景観が楽しめます。・・・

休日なのでたくさんの人でにぎわっています。さらに奥(西)へすすむと、下のような立て札があります。「お茶の水」といわれる湧き水ポイントです。

井の頭公園内 お茶の水(湧き水)

↑;直接手ですくったりはできませんが、きれいな水でした。

さらに奥へ進むと、グラウンドやテニスコート等のあるエリアへつながっていきます。

途中には梅の花が咲いていました。

井の頭公園内梅の花

↓;ピンクのきれいな梅だなあ・・・んんっ?

井の頭公園内梅or桜

↓;まだ2月ですが、花びらを見ると桜?? まあ、きれいならなんでもいいかとお茶を濁して進みます。

井の頭公園内 桜か

↓;グラウンドにも家族ずれやジョギングする人々が大勢。

井の頭公園内グラウンド

↓;三鷹の森 ジブリ美術館。 今後時間があるときに「家族と」来ます。

ジブリ美術館外観

↓;玉川上水も公園内を横切っています。ふんふん・・・。

玉川上水緑道看板井の頭公園付近玉川上水

「玉川?」「多摩川?」???

さて、またまた地方出身者の自分には混乱する表記です。
「多摩川」と「玉川」の違いとは?
これはどっちも正解のようです。「玉川」と「多摩川」の二つが存在するわけではないようです。
確かに「玉川上水」をひたすらGoogle mapで上流にたどってゆくと、「多摩川」にたどり着きます。現在、正式な河川名としては「多摩川」ですが、その昔(江戸時代にまでさかのぼる)前述の「神田上水」をもってしても飲料水不足となったため、「玉川上水」が作られたとか。
そんな昔からあったのか・・・。

玉川上水に関しては、東京都水道局のページが分かりやすくまとまっていました。

まとめ

あまり考えずに思いつきで井の頭恩賜公園を散策しましたが、江戸時代の上水の歴史に関わる発見が出来て、少しだけですが東京への理解が深まったような気になりました。

また、残りの恩賜公園、恩賜庭園巡りもぜひしてみたいものです。

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] これまでも、井の頭恩賜公園 や 新宿御苑 明治神宮などを探索してきましたが、この東京都庭園美術館も もともとは、皇族・天皇家に関連する施設です。 […]

  4. […] 井の頭恩賜公園;旧御料林。武蔵野三大湧水地 […]

  5. […] 井の頭恩賜公園;旧御料林。武蔵野三大湧水地 […]