40歳過ぎからの「歯科矯正」番外編01;治療中に有用だった品々編。

歯科矯正中に食べられる柔らかい食品たち 生活
スポンサーリンク

はじめに

40歳を(とっくに)過ぎて歯科矯正を始めることにしました。

  • 四十過ぎて歯科矯正って大丈夫なのか・・・。
  • 実際どんな感じなのか。

あまり読んでくれている方の参考にならない予感もしますが、記録代わりに記事を残しています。

長期間になりそうですが、暇があれば書き続けていきたいなと思っています。

矯正歯科の話のまとめ・索引はこちらです;40歳からの「歯科矯正」記事;まとめ&Index.

今回は、今回の矯正歯科治療中に有用な品々(歯科用品や、食べやすい食品等々)を記述してみます。

歯科矯正治療中の歯や口腔内のお手入れ関連グッズ

矯正治療中は、様々な装置が口腔内に装着されるので、清潔を保つのがなかなか困難です。 せっかく歯並びがよくなっても、結果として虫歯になってしまったり歯周病になってしまってはいけません。

こういった治療を始めるまでは、歯ブラシ(手磨き&電動)とフロス程度で日常の歯磨きやクリーニングを行っていましたが、これらに加えていくつかのグッズを使ってみました。(一部は、医院からの推奨品です。)

順番に記してみます。

バイオティーン オーラルバランス ジェル 口腔ケア 口腔保湿ジェル

これは本来、介護分野で結構使われるらしいです。ドライマウスの症状に使う口腔内の保湿ジェル。 高齢者の肺炎予防のために口腔内をキレイにした後なんかにも使うとか。

自分の場合だけかもしれませんが、歯磨きして就寝すると口を開けて呼吸する癖もあるのか口腔内が極度に乾燥してしまします。乾燥したところに口唇や舌が装置に接触するとキズが付きやすいです。結構そこから炎症をきたして口内炎になったりして困っていました。

その際にこれを使用しました。自分の場合はもっぱら眠前使用だけです。

キシリトールガムっぽいほのかな甘みがある粘度の高いゲルですが、「ねばねばして気持ち悪い。」感はなく、意外とさっぱりしています。

シーセレクション インテモ 歯ブラシ

この歯ブラシは、歯科医院で頂いた初期のお手入れキットにも入っていました。

ヘッドが小さめで、ブラシがざっくりと山型になっているのが特徴です。

とにかく、矯正装置が入ると歯磨きは非常に困難になります。 小さいヘッドで磨きやすく、かつ器具をゴシゴシ磨く際も「引っかかり」が少ない印象です。

山形歯ブラシ シーセレクション インテモ

電動歯ブラシをメインに使ってはいますが、このブラシも補助で使っています。ドラッグストア等での一般販売はなく、歯科医院等での専売ということになっていますが、Amazonで買えました。

GISHY GOO(ギシ グー)

この製品は、煉り合せることで数分で硬化するシリコン樹脂です。 2剤がセパレートされたシリンジに入っています。 使用直前に少量を煉り合せて、口腔内に接触して痛い装置を覆ってしまうことができます。

過去の記事でも何度か紹介しましたが、矯正器具のブラケットは自分の場合は内側なのでもっぱら「舌」に接触するのですが、上顎の前面外側の「マイクロインプラント(アンカースクリュー)」はこんな感じで、上唇に接しています。

上あご切歯上 12間 アンカースクリュー 歯科矯正

↑;この歯ぐきのネジが上唇に刺さる感じで結構痛みました。 時間経過でかなり慣れてはきましたが・・・。

ギシーグー 使用例 上顎マイクロインプラントへ使用

↑;そんな時にこのギシーグーを練って張り付けるとこんな感じで尖ったネジ頭を覆ってしまうことができます。

また、あまりにもひどい「出っ歯」なので、上顎の「内側の装置」が結果として「下側の装置」みたいなことになっており、それが下唇に何度か接触して口内炎に何度もなりました。

ギシーグー 使用例 内側矯正前歯

↑;その際にも、上の前歯の裏(というか下)に、装置を覆うように「ギシーグー」をくっつけると、非常に楽です。 が、間違ってこのまま外出して人に会うとおそらく「???、ガムを歯にくっつけたままのキモい人がいる・・・。」的なことになってしまいます。

このギシーグー には何度か助けられました。 固まると非常になめらかな表面になるので、炎症がある唇や舌が当たってもほとんど痛くありません。一応、12時間使用したら取り外すことになっていますが、それ以上つけっぱなしだったことも何度かあります。寝る前に装着して朝までってことも可能。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ スマート5000

この回転式の電動歯ブラシ購入の動機や様子に関しては以前の記事に記載しました。回転式が一般的には若干エビデンスがありそうだったので、ブラウンを選びました。

当初、自分の勘違いで「矯正装置装着中は電動歯ブラシは使えない。」と思っていたのですが、それは誤解だと判明。

手早く、ざっくりと汚れを取り去るにはやはり手磨きよりも強力です。

ただし、院長先生も仰っていましたが、これだけで磨ききれるものではなく、歯間のケアは別の手段を考慮せねばなりません。

ブラウンOralB スマート5000

↑;我が家は2本体制です。 当初は矯正装置が壊れるんではないかと、ビビりながらソオーっと当てていましたが、最近では全く容赦なくガンガン磨けるようになりました。

未購入だけど、歯科矯正治療中にどうしても欲しい歯間ケア用製品

さて、我が家の洗面台のスペースの問題とお財布の問題で、今のところ断念しているのが歯間用のジェットウォッシャーです。

Panasonicドルツ 白 EW-DJ71-W

さて、上述しましたが装置の隙間や、歯間に関しては正直かなりケアが困難です。

普通の歯間用の「糸ようじ」的な製品は、ワイヤーがかかっていない状態ならば使用可能ですが、自分の現在の上顎のようにワイヤーが装着されてしまうとほぼお手上げです。

(一応、ワイヤー使用時でも使える使い捨てのフロスと、それを歯間に通す針通しみたいなグッズはありますが、非常に煩雑で日常的なケアをするのはほぼ断念状態・・・)

そんな時に強力な助っ人がこのジェットウォッシャーです。これは、ネットでの評判を読んでもかなり使える製品の模様。

高速なジェット水流で歯間や装置の隙間の汚れを吹き飛ばすという仕組み。

なんとか妻を説き伏せて購入出来たらレビューしたいところですが・・・。

矯正治療中の補助食品的なもの

さて、外側からの矯正が主体の娘は、よっぽど硬い食品以外はほぼ健常人と同じ食事をとれるようになっています。

一方、内側矯正かつ、4本のアンカースクリューを装着している自分は食事にかなり苦戦しています。(食事や活舌に苦労した話はこちら

そういうことで、食べることができる食事がかなり限られている状態ですが、そんな中で役立つ栄養補助食品的なものを紹介しておきます。

ウイダー inゼリー エネルギー マスカット味 その他

まあ、定番かもしれません。 職場ではこれまで外注のお弁当を頂いておりました。 が、麺類や硬い揚げ物、繊維質の多い野菜類等が多くて辞めてしまいました。

そこで昼食代わりに使っているのがこれです。ウィダーインゼリーは、そのほかにもビタミン豊富なマルチビタミン グレープフルーツ味や、たんぱく質を重視したプロテイン ヨーグルト味等がありますが、とにかくカロリーを稼ぐには、エネルギー マスカット味かと。

職場にエネルギー+αで組み合わせて持参して昼飯として食べています。(飲んでいます。)

他社からもたくさん類似の商品はありますが、定番ウィダーが一番おいしいような気がします。

明治 メイバランスシリーズ

メイバランスは、明治乳業が展開している介護栄養食です。

一般的には、介護領域で高齢者の栄養補助に用いる製品です。

高齢者向けの流動食というと、味気なくて、とてもおいしいものではないと思いきや、このメイバランスシリーズは結構おいしいです。(ただし、自分の場合は、ミルクテイストシリーズよりも、ヨーグルトテイストシリーズの方が飲みやすかったです。

125mlと小さいですが、カロリーは200Kcalと高カロリーで、各種ビタミン・たんぱく・食物繊維などもバランスよく配合されています。 ドロッと高粘度ですが、ヨーグルト系のさっぱり味のおかげでゴクゴク飲めます。

参照;明治 メイバランス 公式サイト

明治 メイバランス ブルーベリー いちご 桃

↑;気に入っている3つの味。ブルーベリーヨーグルト、イチゴヨーグルト、白桃ヨーグルトです。

日清カップヌードル ぶっこみ飯 など

矯正中に特に苦手意識があるのが、「麺類」です。 内側の装置に長い麺が引っかかると結構大変です。

パスタ、ラーメン、そば、うどん いずれもダメでした。

そんな時に妻がコンビニで見つけたのが、一見日清のカップヌードルかと思うようなパッケージの、

日清カップヌードル ぶっこみ飯 です。

日清 カップヌードル ぶっこみ飯

↑;お湯を注いで5分。カップヌードル味のおじやというかお茶漬けです。

「禁断の味」とうたっている通り、たまにどうしても食べたくなるカップヌードル味のご飯がそのまんま再現されています。これは結構うまい。

で、よく似たシリーズで、

  • 日清カレーメシビーフ
  • 日清 日本めし 鶏つくね豚汁めし

も、近所のコンビニにあったので購入して試食してみました。 カレーメシは正直にいうと、「柔らかめのカレーライス」でありそれほどの驚きはありせんでした。 しかし、鶏つくね豚汁めしは、いわゆる猫まんま的で決してお上品ではないかもしれませんが、これもうまいんですよ・・・。

自分のためだけに、柔らかい特別食を妻に毎回作ってもらうことには、かなり引け目があります。そういう場合にこういう製品は、ジャンクな感じではありますが、簡単で結構おいしくて助かってます。

まとめ

歯科矯正中にあると便利な品々や、使ってみて助かったと思う品々を紹介しました。

自分の場合は、「高年齢」かつ、「内側矯正」ということでなにかといろんな製品の助けを得ながら治療生活を送っています。長期戦ですので、少しでも快適に過ごせることは大事だなと感じています。

矯正歯科の話のまとめ・索引はこちらです;40歳からの「歯科矯正」記事;まとめ&Index.